大学よりも就職率の良い専門学校とは?高専・専門・一般課程を知っておこう

大学に負けない!専門学校が就職にナゼ強いのか?
高校を卒業した後の進路を考える上で、4年制大学にするか、短大、もしくは専門学校にするかを検討したときに『専門学校は就職に強い!』というフレーズを目にしたことはありませんか。果たして本当にそうなのでしょうか。今回は、【就職】の面で大学と専門学校の違いを具体的に比較しながら検証してみます。
大学進学にするか、あるいは専門学校進学にするかを迷ったときに、卒業後の『就職』がポイントの一つとして挙げられます。では、どのような視点から比較すれば良いのでしょうか。
http://allabout.co.jp/gm/gc/452058/

大学よりも就職率の高い専門学校は有るのでしょうか?答えとしては有ります。
高卒の就職率が高い様に、専門学校卒でも就職率は意外と高いです。
資格を取得できる専門学校は勿論ですが、人手不足の業界に強い専門課程が有る場合は内定も出やすいと言えるでしょう。
就職率90%以上を宣伝している専門学校を良く見かけますが、これには数字のマジックが隠されていますので鵜呑みにしてはいけません。
就職が決まった学生のみ統計を取り、就職が決まっていない学生は全て就職を希望していない事にして統計外とすると就職率も高くなりますよね。要は母数を見た方が良い。
そして、専門学校では有りますが、無関係な業界で無関係な職種に就く事の方が多い。大卒でも同じですが大卒でのソレとは比率が違います。
そもそも高専と専門課程と一般課程の総称が専修学校で有り、ごく一部の専修学校を取り上げて就職率とする事で混乱を招くのですよね。
高専に間違って入る事は無いと思いますが、専門学校では間違いが起きやすいですので注意しましょう。
専門学校の口コミ評判で調べる方も、カリキュラムがキツく課題も多く、尋常じゃ無い勉強量の専門学校を参考にすると良いでしょう。
4年間大学で学ぶ事を2年間で専門課程を修了しなければならない訳ですから、キツイのは当たり前。ゆえに脱落者も多いのです。
これに関しては短期大学も同じ事が言えるので、ですから専門卒と短大卒は同等とみなされるのです。
完全に2年間遊ぶつもりの学生も多いので、そういった人達に流されない様に注意もしなければいけません。大学よりも高い学費をドブに捨てる事になる。