インターンに参加したい企業ランキング、東大・京大・早稲田大学・慶應義塾大学の2018年新卒組は外資系コンサルが好み

2017年新卒組も夏休み前に就職内定が出た事で大いに遊びに行く人が多いと思いますが、2018年新卒組は夏からインターンシップに参加など就活に力を入れ始める時期でも有りますね。
そんな2018年新卒組でも東大・京大・早稲田・慶応の新卒予定者がインターンに参加したい企業ランキングが有りました。

インターンに参加したい企業ランキング

  1. 野村総合研究所
  2. マッキンゼー・アンド・カンパニー
  3. 三菱商事
  4. ゴールドマンサックス
  5. モルガン・スタンレー
  6. JPモルガン
  7. ボストンコンサルティンググループ
  8. ベイン・アンド・カンパニー
  9. 伊藤忠商事
  10. 三井物産
  11. ATカーニー
  12. シティグループ証券
  13. メリルリンチ日本証券
  14. 住友商事
  15. PwCコンサルティング
  16. 電通
  17. 博報堂
  18. アクセンチュア
  19. デロイトトーマツコンサルティング
  20. 丸紅
  21. P&Gジャパン
  22. 三菱東京UFJ銀行
  23. ドイツ銀行グループ
  24. 三井住友銀行
  25. 東京海上日動火災保険
  26. ドリームインキュベータ
  27. UBS
  28. 野村證券
  29. みずほ銀行
  30. トヨタ自動車

インターンで人気の企業は野村総研がトップ、2位にはマッキンゼー、3位に三菱商事となっていますが、ゴールドマンサックスやモルガン、ボストンコンサルティングなど外資系コンサルティング会社が人気となっていますね。
外資系企業、総合商社、コンサルティング会社、金融に偏っており、東大・京大・早稲田・慶応の学生にとって他の業界は興味なさそうな感じですね。
上記大学の2018年新卒組就職人気企業ランキングも同じ様な感じとなっており、既にアプローチされている学生はいるのだろうか?
これを見る限りでは若い内から高収入を狙っている印象ですが、結構ハードですからインターンシップに参加して見るのは良いと思われますよ。