トランプ大学の詐欺疑惑訴訟で28億円支払い和解、被害者全員に返金、NY州に罰金約1億1000万円

詐欺疑惑の「トランプ大学」訴訟、28億円支払いで和解
次期米大統領に選出されたドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が設立した不動産投資講座「トランプ大学(Trump University)」の詐欺疑惑をめぐる訴訟で、トランプ氏側が原告らに2500万ドル(約28億円)を支払うことで両者が和解したことが分かった。閣僚人事の調整を進めるトランプ氏にとって厄介な問題となる訴訟の継続が回避された形だ。
http://www.afpbb.com/articles/-/3108524

アメリカの次期大統領ドナルド・トランプ氏ですが、同氏が設立したトランプ大学で詐欺疑惑が有り裁判になっていました。
次期大統領ドナルド・トランプ氏は示談を選び、28億円で和解したそうです。
これ迄にトランプ大学を受講した全員に少なくとも半額を返金、並びにNY州へ罰金約1億1000万円を支払うとNY司法長官が声明を出しています。
このトランプ大学は無認可大学で、大学ではなく不動産セミナーとなっており、既に経営破綻しています。
このセミナーの広告では、トランプ氏自身が講師を厳選とあったが実態は異なっていたと元受講生が告発しており、トランプ氏自身も認めています。
かなり強引な部分もあったそうで、今回の和解は次期大統領としては良かったのでしょう。
しかし、こういった事は日本国内でも多く有りますので、アメリカの事と思ってはいけません。
就職率100%は基本的に信用せずに、しっかりと自分が習得したい部分に焦点を当てて学校選びをしましょうね。