数秒後を予測出来ないのに数年後の将来を考える

誰しもが将来の事を考えますが、それは何年後ですか?
10年後ですか?20年後ですか?
何十年後の将来を予測する事は無意味に等しく、予測するとしても最長4年後程度に収めましょう。大学入学時に目標は無くとも在籍中に目標は作れる様にしておくと良いでしょう。
大抵の人は卒業後の事は頭に有ると思いますが、全く考えなしの方もいらっしゃいます。
全く考えなしの人程何十年後の将来を語り出す傾向が有ります。
しかし、数秒後を予測出来ない人に数十年後を予測する事は困難です。
最近では歩きながら、自転車乗りながら、自動車乗りながらスマートフォンを見てトラブルになるケースが多くなっています。
ながらスマホをしながら器用に避ける事が出来る方もいらっしゃいますが、大抵はそのまま進むとぶつかる事を予測出来ず、相手が避けるだろうと言う他力本願で直進してきます。
本来歩きスマホをしなければ予測出来ることを、歩きスマホをするから予測出来なくなる事は誰でも分かりますが、歩きスマホをしている人はそんな簡単な事すら出来ないのです。
これはFラン出身の考え方で有り、前回投稿でも書いた様に勉強以外の要素が関係しており非常に生き難い道です。道を譲るイコール自分の負けと言う所謂不良やヤンキーなどの考え方を踏襲しており、とても生き難いです。
多くの人は関わりたくないから避けますが、ヤンキー理論で行くと自分が勝ったとなります。
目があった合わないで全力で争う事は猫や犬など動物でもしない事をFラン出身者は学んでおらずしてしまうのです。何故動物が全力で逃げるのか理由を知らないのです。
まず数秒後を予測する事から始めましょう。
そして数時間後、数週間後、数か月後と徐々に伸ばして行き、4年後に到達するようにしましょう。
具体的な例を挙げると、数時間後テストだ!少し勉強しておこう。数週間後テストだ!少しでも良い成績を取るために勉強しておこう。数ヶ月後テストだ!今から勉強しておこう、数年後に就職だ!社会勉強しておこう。
こうする事で目標は達成できるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする