後1ヶ月で内定式なのに秋就活や秋採用も有るらしい

大学4年の「秋就活」で理想の企業に入る方法 採用継続中の会社がこれだけ残っている理由
いよいよ2018年卒生の正式内定日である10月1日まであと約1カ月となりました。学生の内定率は79.1%(7月1日時点)に達し、就職活動を終了する学生、採用活動を終了する企業も増え始めています。周囲がそのような状況になっている中、現在も就活を続けている学生やその関係者は、焦りや不安を感じているのではないでしょうか。
http://toyokeizai.net/articles/-/184684

後1ヶ月で程で内定式の企業が多いのですが、秋就活や秋採用と言った事があるそうです。
公務員試験の事を指していると思っていましたが、どうやら最近では異なる意味合いの様ですね。
どの様な企業が秋採用を行っているのか興味が有りましたので読み進めて行くと特に具体的な事は書いておらず、最終的に投稿者の勤めている人材サービス会社にはーと言う唯のPR記事となっていました。
しかし、人手不足と感じている企業が多いとされていますから、人が集まらない企業は当然採用は継続します。
ついでに言うと、大学院へ進学すると言う優秀な理系人材を何とか引き抜こうと必死の大企業が秋頃から大学に訪問してきます。
如何に優秀な理系人材が欲しいか、大学院へ行って何をしたいのか、本当に必死で説明をしてくれます。他の人を紹介しようとすると、あぁ・・・そういう人材を採用するくらいならウンタラカンタラ・・・
かなり採用の対象を絞っている事は事実ですから、あまり秋就活は期待しない方が良いと思いますけどね。
既に企業のスケジュール的に2018年度新卒採用に頭を切り替えており、増してや近年企業側も3年以内や卒後5年以内は新卒扱いとして新卒採用での応募も受け付けています。
あまり時期的な事に拘らない方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする