大学定員抑制反対と保育園建設反対

小池都知事が衆院選への会見で、改めて東京23区内の私大定員抑制に反対を表明していました。
衆院選に臨む会見で東京都の事を述べている小池都知事にはちょっと驚きました。
しかも都知事選ではなく衆院選で東京23区内私大定員抑制反対をマニュフェストに入れそうな勢いですが、これは地方の人にとっては逆効果だと思いますが大丈夫なのでしょうか。
東京のFランク大学に行きたい学生票でも欲しいのでしょうか。
そして世界大学ランキングまで持ち出していましたが、あの世界大学ランキングが何の意味も無い事はご存知の筈なのですが大丈夫でしょうか。
もう一つ出来れば待機児童にも触れて欲しかったのですが、保育所建設に反対する人達が多いとは逆に大学誘致に反対する人達が殆どいないのは何故なのでしょう。
待機児童が多い東京都でも大学誘致は非常に歓迎されるが、何故か保育所建設は猛烈に反対されます。
大学生はうるさくないとでも思っているのでしょうか。
そもそも大学を建設する期間も段違いであり、学生数も段違い。
ついでに大学生の通学路になった場所で問題発生が多くなる事は東北福祉大学の例を見ても明らかです。
上っ面ではなく、もう少しまじめに考えて欲しいのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする