世界大学ランキング見向きもされなくなる

少し前にはTHE世界大学ランニング!!!QS世界大学ランキング!!!と話題となっていましたが、双方とも杜撰な調査方法と評価方法でのランキングがバレてしまい、完全に興味を失われてしまいました。
そんな中、ベネッセが以下の様な記事を配信していました。
世界大学ランキング、進学先選びでも注目!
http://benesse.jp/kyouiku/201711/20171120-1.html
もはや誰も興味ない世界大学ランキングを進学先選びで注目となっていますが、実はベネッセとTHEは共同で日本版大学ランキングを作っています。
掲載大学が豊富な事が挙げられていますが、実際には非常に少なく、調査対象になっている大学自体が非常に少ない。調査方法も大学側が公表している数字などであり、ミシュランの様に覆面調査員を派遣している訳でも有りません。
例え覆面調査員を派遣していたとしても、飲食店と大学では規模が違いすぎており、世界各国の大学全てを調査する事は不可能です。出来たとしても1年ごとに発表出来ません。
国内の大学では世界大学ランキング何位になりました!と宣伝広告に使っている大学も存在しますが、世界大学ランキングでトップクラスとなっている大学は全く取り扱っていません。無視です。
これが何を意味しているかはご存知の通りです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする