日本版NCAAの正式名称は一般社団法人大学スポーツ協会(UNIVAS)に決定

色々と問題が噴出している大学スポーツですが、日本版NCAAの正式名称が決定したそうです。

正式名称は一般社団法人大学スポーツ協会(UNIVAS)。

日本版NCAAに関しては以下の記事でも参考にして下さい。

日本版NCAA、スポーツ庁が大学スポーツ振興の推進事業で8大学を選定
http://studyup.s1001.xrea.com/archives/8953042.html

UNIVASの設立は来年2019年2月を目指しており、年間の総収入は20億円を目指すとのこと。

一応スポーツ庁は国公私立大200校と20の競技団体の加盟も目標としていますが、これは相当難しいと考えられる。アメリカのNCAAでも既に淘汰が始まっており、人気スポーツと不人気スポーツの差が非常に激しく意味をなさなくなってきている。

日本での運動部活動の在り方自体も疑問視されている事もありますし、NCAAで人気スポーツとなっているのであれば、日本のUNIVASに所属する大学より直接NCAAに所属している大学へ行った方が良い様な気もします。実際にNCAA所属大学へ進学している学生も多数います。

少子化での大学淘汰や大学自体の意味も問われ始めている昨今、部活動スポーツで有名にして生徒を集めようとする方法も今や昔。

大学淘汰の話が多くなってからというもの、大学救済案とも取れる施策が多くなっており、そこまでして大学を残して一体何になるのだろうと言う気持ちもあり・・・

アメリカ版NCAAを目指させば目指すほど大学内カーストも強まる訳であり、結局協会の力が増して、また同じ様な事を繰り返すのではないか?と言う心配もあり・・・

ただの天下り団体にならない様にして欲しいところですね。