大学生の逮捕相次ぐ、悪質で凶悪な犯罪者となる理由

ここ最近・・・いや数年前から大学生の逮捕が相次いでおり、かなり悪質で凶悪な犯罪に手を染めている。

楽に大金を稼げると唆されて犯罪者となるケースは少なく、違法だと理解した上で犯罪グループに属し、俺って悪いんだぜぇ!とイキってしまう事が原因でしょう。

高学歴大学生も悪知恵が働く分、より悪質な犯罪に手を染めるケースが多くなっており、この大学なら大丈夫など通用しない時代となっています。

どの大学にもイキってしまう学生は存在し、調子に乗った挙句の行動で逮捕されます。

見るからに定型DQN・ヤンキー・不良というジャンルには当てはまらず、見るからに完全に学生な人物が陥りやすい。
全く自律しておらず他人に流されやすいが故にイキリやすい事が特徴なので、側から見ると分かりやすい。

逮捕時のコメントを見ても責任転嫁したり、無能丸出しであったりと、やはり今時の大学生である。

大学の敷地内に交番が設置された大学が少し前にありましたが、その大学の学生も大学名付きで逮捕報道されています。
大学の自治が云々言う割には全く自治が効いていません。

今後更に大学生が凶悪化する可能性は高く、巻き添えを食らいたくなければイキった学生とは距離を置くと良い。

もっとも若者はイキっている自覚も他覚もないでしょうから、多くは流され共犯者となる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする