林業大学校が増加、人手不足で就職には困らず就職率ほぼ100%

林業大学校が全国各地で新たに開設され増加傾向となっているそうです。

即戦力養成へ林業大学校=人材不足で開設相次ぐ-就職先に橋渡し
東京五輪・パラリンピックの施設への利用促進など、国産木材の需要増加も見込まれ、即戦力となる人材の育成は急務。こうした中、林業大学校の開設が各地で相次いでいる。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012600495&g=eco

林業を教える大学を林業大学校と言うのかな?と思われがちですが大学校です。
専門課程が有る専修学校や教育関連施設の事を大学校と呼び、一般的な大学とは異なります。有名どころでは防衛大学校や航空大学校、消防大学校など中央省庁所管の大学校が有ります。
一般的な大学を研究機関とするならば、大学校は職業に直結する職能機関と呼べるでしょう。
そんな大学校の中でも林業大学校が最近増加していると言う記事です。
全国で6校しかなかった林業大学校ですが、今では全国に14校と倍以上になっており、更に岩手、兵庫、和歌山にも林業大学校を設立する予定となっています。
群馬県立農林大学校
長野県林業大学校
岐阜県立森林文化アカデミー
静岡県立農林大学校
京都府立林業大学校
島根県立農林大学校
山形県立農林大学校
高知県立林業大学校
秋田林業大学校
金沢林業大学校
とくしま林業アカデミー
おおいた林業アカデミー
みやざき林業青年アカデミー
和歌山県農林大学校(和歌山県農業大学校)
兵庫県立森林大学校(ひょうご林業大学校)
釜石・大槌バークレイズ林業スクール
上記の様に確かに林業大学校が増加しており、鹿児島大学や愛媛大学の様に高度な林業を学び直すコースを設置する大学も存在しています。
林業大学校増加の背景には東京五輪での需要増しが挙げられていますが、人手不足や後継者不足が最もな理由。
更に緑の雇用として国が就職支援を行い、自治体も研修生への補助金などで支援していますので当然増えますよね。
そうした結果、林業大学校出身者は就職率ほぼ100%となっており、そこらの一般的な大学よりも引く手数多。
ご存知の通り日本の国土の3分の2は森林で有り、林業とは切っても切れない日本。
では何故廃れたのかと言うと、こちらもご存知の通り木造住宅が減り、代替エネルギーが存在しており、更に海外との価格競争で負けたからです。
人手不足になった理由は給料が安い事に加えて危険が伴う職業だからです。
通常危険が伴う仕事は給料が高い筈が年々減少して今では一般企業以下。そりゃ人手不足にもなりますよね。更に最悪なのは伐採した材木を運ぶ物流業界まで人手不足。
住友林業の様な大手企業に勤めているならば国内企業の中でも高年収ですが、それ以外だと厳しい。
建設業も同じ様な状況です。
そんな状況から脱する為に国が本気で支援し始めており、今後活性化を狙うならばロボットなどが必要かも知れません。
ちょっと話が脱線してしまいましたが、国有資源としては申し分ない林業の就職率ほぼ100%は揺るが無い。