学歴フィルターで優遇される大学と冷遇される大学、企業フィルターで優遇される企業と冷遇される企業

「学歴フィルター」で振るい落とす採用事情
学歴フィルターとは、文字通り、学校名で選考対象を絞っていくもの。特定の大学の学生には、インターンシップやセミナーの案内を送る一方で、それ以外の大学には情報を送ることはない。企業の中には、学生を選考する際にも学歴でフィルターをかけており、その対象でない大学に在籍する学生が選考に入れることはない。これが学歴フィルターだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/13578551/

学歴によって新卒採用で優遇されたり冷遇されたりする事を最近では学歴フィルターと呼んでいるそうです。
企業が学歴フィルターを行う理由として、大量の応募者を絞り込む、これ迄に採用した人材の活躍度合いで大学を絞り込む、この2つが挙げられています。主に前者が多く後者は新卒採用担当によると注釈がついている。
基本的に学歴フィルターは企業側が行っている事ですので学生側は知らないはずが、ここ数年で学歴フィルターと言う言葉が使われている事から都市伝説では無くなっています。
HR総研とみんなの就職活動日記が共同でアンケートを取った処、旧帝大・早慶クラスの学生が学歴フィルターが有ると答えており、冷遇されている大学の学生よりも優遇されている大学の学生の方が気付きやすい様子が分かります。
実際に学歴フィルターが有るか否かで言うと「有り」ます。
記事の様に人気企業もそうですが、未だに大学名に拘っている企業は幾つも在ります。
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」
優遇されている大学として旧帝大・早慶クラスよりもGMARCH(学習院・明治・青山学院・立教・中央・法政)・関関同立(関西・関西学院・同志社・立命館)クラスと書かれており、MARCHに学習院を加えてGMARCHだそうです。
この様に大学群を作りグループ分けする事で学歴フィルターも使いやすくなります。
大量採用の企業は学歴フィルターと入社後の「ふるい」が待っています。
ここ迄読んで気付いたと思いますが、これら全て文系学生の事です。
理系学生に学歴フィルターは稀です。逆に理系学生は企業フィルターを持っています。
更に理系学生は業界フィルターや職種フィルターも持っており、これが企業フィルターよりも強烈。上場企業だろうが何だろうが、行きたくない業界、やりたくない職種を無視するのです。
不採用の連続になる事も稀ですから、最終的には入社したりもしますが大学院へと進学する学生が多いの理系が多い。
学生数の減少に伴い企業側の学歴フィルターは減ってきていますが、逆に学生側の企業フィルターが増加しています。
では、企業フィルターで優遇される企業と冷遇される企業とはどの様な企業でしょう。
文系学生の間では巷で話題のブラック企業の特徴を参考にしており、ホワイト企業の特徴を持つ企業を優先しています。例えば残業時間、有給休暇取得率、離職率、平均年収などですね。
とにかくネットなどで検索してブラック企業かホワイト企業かを調べます。
しかし幾らブラック企業の特徴が多くともフィルターで優遇する企業が有ります。
それが企業ブランド。
いくら優良企業でも有名じゃないければ没、オシャレじゃなければ没、従業員数が少ないから没、かっこ悪そうだから没、きつそうだから没などなど殆どイメージで語られる事を最も重視する学生が多いのも事実です。
更に上記の理由以上に優遇する企業があります。
それが「人気企業」。
とにかく人気を気にしており、人気企業ランキングを熟読し、とにかく皆が応募しているからと言う理由が最も強烈となっている事も事実です。
自分で判断する事が出来ない訳では有りませんが、流されてしまう学生が多いです。
この傾向は文系理系問わずいます。
就職活動の時期が近づくと特定企業を持ち上げる記事が多数でるのもそのためですね。
折角学歴フィルターが弱まったのに学生の企業フィルターが強くなってしまい、企業側は中途採用で優秀な人材を募集し始めています。
卒後3年、卒後5年など既卒者を対象とした募集も併用して行っており、この様な状況で学歴フィルターを行っている場合では無い事が分かります。
しかし、この様な状況でも弾かれてしまう大学が・・・そうFラン大ですね・・・
学生がブラック企業を避ける様に、企業もFラン大を避けるのは時代の流れですね。
学生も企業もババ抜きの様な評価制度ですから、新卒採用で全てが決まる訳では有りませんので、数年前とは全く状況が異なってきている事を学生も企業も早めに認識した方が良いでしょう。