東京23区から地方へ就職・転職すると300万円を支給、新卒採用も一考の余地あり

東京23区から地方へ就職や転職、起業をすると最大300万円が支給されます。なんて事が幾つか紹介されていましたが、NHKが報道していました。

東京23区から地方に就職 最大300万円給付へ 一極集中是正

東京圏への一極集中の是正に向けて、政府は、東京23区から地方に移住して就職する人などを対象に、最大300万円を給付する制度を創設し、来年度から実施する方針を固めました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181122/k10011719541000.html

入管法改正案の移民に焦点があっている中で、これは驚きです。

もちろん新卒予定の大学生も対象ですから、これは新卒の就職活動スケジュールの撤廃に加えて、一考の余地はあるでしょう。

しかしながら、本来なら企業側が負担しなければならない部分だとは思いますが・・・これは税金ですよね?

申請が必要ですから東京と地方を転職繰り返すなどの悪用は難しいので心配はそこまでない。

問題としては、例えば現在企業側が引越し費用や住宅費用の一部を負担していたとしましょう。
それが来年度から100万円から300万円を国が負担するとしましょう。
これまで企業側が負担していた費用を国が負担する事になり、企業はその軽減された負担分を従業員の賃金に反映するかどうか?
これまでも負担していない企業が、国から支援金もらっているから賃金下げるとか・・・

上記のように企業側の問題が心配ですよね。

なんにせよ、東京一極集中に動き出したと言う事でしょうか。