学歴コンプレックスは子供に向けるのでは無く自分で克服しよう

学歴が低い事にコンプレックスを持っている人は少なからずいらっしゃいます。
それは例え早稲田や慶応義塾などの難関私立出身でも、東大や京大など難関国立出身者でも学歴コンプレックスが有ります。
その学歴コンプレックスを子供に向ける親が、やはり少なからずいらっしゃいます。
自分が不合格となった学校へ入学させようと必死になったり、自分が勉強してこなかったから子供には勉強させるなど言い訳をしてコンプレックスを解消しようとしています。
しかし、子供の成功ではコンプレックス解消とならず、更にコンプレックスが強まる可能性も有ります。
子供の方も過度なプレッシャーによって精神的ストレスとなります。
必ずしも良い結果となる訳では有りません。
では、どの様に学歴コンプレックスを解消したら良いのでしょうか?
そんな事は自分でも分かっているでしょう。
もう一度勉強して学歴を手に入れれば良いだけです。
最近では大学を入り直す学歴ロンダリングなんて言葉が有りますが、ハッキリ言って普通の事です。学歴ロンダリングと述べる人は相手を見下したい、マウンティングしたいだけの人ですから関わらない方が良いでしょう。
金と時間と暇を持て余した団塊の世代なんて、もう一度大学へ通えば良いとすら思っています。
自分の為にもなりますし、学生数が足りない大学の為にもなりますし、経験を聞ける若い学生の為にもなりますし、旦那が引きこもってイラついている奥さんの為にもなります。
聴講生としてでも行けば良いのに。
ちょっと話が脱線しましたが、子供に自分のコンプレックス解消を丸投げするのではなく、自分自身で克服しなければ意味が有りません。
しかも、親が勉強する姿を見て子供も勉強する事は多いに有ります。
と言うことは自分のコンプレックスも克服出来るし、子供が勉強をするキッカケにもなります。
時間がないとか、お金が無いとか言い訳は必要ありません。
勉強するのに時間とかお金とか言い出したらキリが有りません。
出来る時にする、これだけで時間もお金もかかりません。
ついでに言うとお金が不安なら私大ではなく国立大を選びましょう。
学費が安いのも理由の一つですが、休学で数年間は学費が発生しませんし除籍もされません。
もう一つ言うと、何も絶対に入学しなくとも合格して合格証書受け取った時点でコンプレックスは殆ど克服出来るでしょう。
経歴に付け加えたい学歴コンプレックスなら別ですが、そこで前述の上から目線マウンティング野郎になってはいけませんよ。
学歴コンプレックスなんて何時でも克服出来る事を知りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする