学歴コンプレックスを告白する芸能人、Fラン大は戦々恐々

学歴コンプレックスを解消するには、自分で学力をつける事によって解消出来る事は以前にも書いた通りです。
学歴コンプレックスは子供に向けるのでは無く自分で克服しよう

学歴が低い事にコンプレックスを持っている人は少なからずいらっしゃいます。 それは例え早稲田や慶応義塾などの難関私立出身でも、東大や京大など難...
最近、芸能人達が学歴コンプレックスを持っている事を告白する話題が多くなっていますね。
春日さんはちょっと違いますが、高卒認定試験を受験した真矢ミキさん、河合我聞さん、青山学院大学への受験を発表した田村淳さん。
その人達に加えて、千秋さん、渡辺直美さん、坂上忍さん、竹山さんにハイヒール・リンゴさんなども学歴コンプレックスはある事はあると述べています。
俳優の竹内涼真さんも先日放送された番組内で出身大学を聞かれましたが、あまり良い大学を出ていないので大学名を答える事が出来ませんでした。
皆さん各々学歴コンレックスに関して語っており、中には既に解消している方もいらっしゃいます。
千秋さんは青葉学園短期大学を卒業していますが高学歴の人よりも高収入になった時、ハイヒール・リンゴさんは京都産業大学を出ていますが、最近になって大阪学院大学の聴講生として講義を受け、名誉博士を授与されています。
渡辺直美さんと坂上忍さんは中卒、竹山さんは大学受験不合格で高卒、竹内涼真さんは立正大学出身となっています。
こうして多くの芸能人が学歴コンプレックスを告白する影響は大きく、Fランク大学は戦々恐々だと思われます。誰だって行きたく無くなってしまいますよね。
逆に国立大学や高学歴とされている私立大学にとっては良い影響かも知れません。
といっても芸能人になればいいやと考えるのもFラン思考ですね。
芸能人や著名人を大学教授として大学の宣伝PRするよりも、こちらの方が良い傾向とは思います。
しかしながら、そういった経緯を踏まえて私立大は忖度する可能性も有りますので、結局のところどちらとも言えないですね。
時期的に志望大学を決めていると思いますが、本当にその大学で良いのか?もう一度考えてみましょう。何故その大学に行きたいのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする