Fラン大卒は東大へ入学するより難しい

Fランク大学に対する風当たりが強くなって来ていますが、中には学歴なんて関係ない!と意味不明な論争をしている方もいらっしゃる様です。
まず何故Fラン大が批判されているかと言うと税金が使われているからです。
学歴で言えばFラン大卒ですから「大卒」であり、高卒よりも一応学歴としては高い。
しかし、大卒なのに高卒よりも知識が無く教養も無いからこその税金を使う意味があるのか?と批判されている訳です。
学歴が低くても社会で成功した人がいる!と声高に言われても実数としては非常に少なく稀な例であり、ましてやFラン大卒ではなく昔の中卒や高卒レベルの話だったりしますね。
そして一番重要な事は、確かに中卒や高卒など低学歴でも成功した方はいらっしゃいますが、実際には自分でこの侭では駄目だと考え卒業後に「勉強」をしている事が殆どです。
要は勉強するだけで楽になる社会構造なのに、何故か勉強せずに非常に難しい茨の道を行く。
Fラン大を卒業するより東京大学へ入学する方が簡単です。
何しろ勉強をするだけで良いのです。
この考え方はFラン大に限らず、中学や高校でも同じ事が言えます。
進学校と言うのは有名校への進学が目的であり、勉強をしていれば楽に進学出来ます。
しかし、Fラン中学やFラン高校などは勉強の他に、誰が喧嘩が強いだの、誰がキモいだの、誰がムカつくだの勉強以外の要素が多いのです。
大人ぶった子供達に意味不明な言い掛かりをつけれられてイジメられたり、ハッキリ言って勉強中心の進学校の方が楽なのです。
そして、進学校の生徒は勿論有名校へ進学し、進学先でも勉強をして、それなりの会社へ就職するでしょう。
Fラン出身の生徒はFラン大へ進学し、前述の様な厳しい状況を経て就職します。
もちろん就職活動は苦戦しますし、それなりの会社へ就職出来たとしても勉強をせずに付いて行けず辞めてしまったり、仕事が出来ずリストラ対象となったりします。
そこから独学でもなんでも勉強をすれば余裕で間に合いますが、ずっとFランだった場合は周囲も同類しかいませんので気付きません。非常に恐ろしい現実が待っています。日本だからまだ良いものの海外ではもっと恐ろしい事になります。日本はむしろ学歴に対して許容範囲が広い方です。
だからFラン大出身の方が東京大学へ入学するよりも難しいのです。
勉強をするだけで良いのに、何故しないのか?その理由を明確に論理的に答えられるのであればFラン大など行かないでしょう?浪人してでもFラン大を避けますよね?
勉強をする方がしないよりも楽な事をいい加減学びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする