学費が安い理系学部がある私立大学

文系学部に比べて学費が高くなる理系学部。学費が高くなる理由は文系学部で学費の安い大学で書いた通りです。

大学の学費は高額ですが、学費が高い大学が優秀なんて事はありません。大学の学費は安いに越したことはありません。 私立大学は勿論、国公立大...

理系学部は実習・実験費などが加算されるぶん学費が高くなりますが、文系に比べて施設設備費の元が取れると考えれば高くはないでしょう。

しかしながら4年間の学費が安ければ、その後の大学院への進学も実現できる可能性も高くなりますから学費は安い方が良いでしょう。

理系学部の学費が安い私立大学

文科省が公表している平成29年度の私立大学理系学部の平均学費は初年度166万円。
内訳は入学金が25万円、授業料が110万円、施設設備費が18万円、実習実験費が12万円。

4年間の平均学費は586万円となっていますので、その4年間の平均学費以下の理系学部の私立大学を見ていきましょう。

学費の他に教科書代や諸会費などが別途必要となる場合があります。
いわゆるFラン大は除外しています。

豊田工業大学

トヨタ自動車が出資して設立された愛知県名古屋にキャンパスがある豊田工業大学。
学費が安い事でも有名で工学部の初年度納付金は98万円。
内訳は入学金が28万2000円、授業料が60万円、教育充実・環境整備費が10万円。4年間の学費は約312万円と安いです。

豊田工業大学の詳細ページ

豊田工業大学の偏差値と就職率ページ

南山大学

愛知県名古屋にキャンパスがある南山大学。
理工学部の初年度納付金は約135万2300円。
内訳は入学金が30万円、授業料が71万8000円、施設設備費が21万円、諸会費が2万4300円。4年間の学費は約444万円と安い。

南山大学の詳細ページ

南山大学の偏差値と就職率ページ

武蔵野大学

東京にキャンパスをおく武蔵野大学。
工学部環境システム学科と数理工学科の初年度納付金は約137万2740円。
内訳は入学金が18万円、授業料が90万円、教育充実費が27万5000円、諸会費が1万7740円。4年間の学費は約490万円と安い。

武蔵野大学の詳細ページ

武蔵野大学の偏差値と就職率ページ

日本女子大学

東京と神奈川にキャンパスがある日本女子大学。
理学部の初年度納付金は約147万円。
内訳は入学金が20万円、授業料が、施設設備費が29万円、諸会費が8万3860円。4年間の学費は約510万円。

日本女子大学の詳細ページ

日本女子大学の偏差値と就職率ページ

名城大学

愛知県名古屋にキャンパスがある名城大学。
理工学部の初年度納付金は約144万5000円。
内訳は入学金が20万円、授業料が93万5000円、施設費が23万円、実習費が8万円、諸会費が13万2400円。4年間の学費は約518万円

名城大学の詳細ページ

名城大学の偏差値と就職率ページ

創価大学

東京にキャンパスがある創価大学。
理工学部の初年度納付金は約151万1900円。
内訳は入学金が20万円、授業料が90万円、施設費が26万円、実習費が8万円、諸会費が1万9000円。4年間の学費は約524万円。

創価大学の詳細ページ

創価大学の偏差値と就職率ページ

日本大学

東京、千葉、埼玉、静岡、福島、神奈川にキャンパスがある日本大学。
工学部・生産工学部の初年度納付金は約166万円。
内訳は入学金が26万円、授業料が110万円、施設費22万円、実習費8万円。4年間の学費は約548万円。

日本大学の詳細ページ

日本大学の偏差値と就職率ページ

ここまでの私立大学理系学部は4年間の学費が平均以下となります。
以下の理系学部は平均的な学費の私立大学です。

東海大学

理学部、工学部、情報理工学部の初年度納付金約166万3200円。
4年間の学費は約570万円。
東海大学の詳細ページ

東海大学の偏差値と就職率ページ

東京理科大学

理学部・工学部・理工学部の初年度納付金は約159万7280円から約166万2280円。
4年間の学費は約536万円から約570万円。
東京理科大学の詳細ページ

東京理科大学の偏差値と就職率ページ

福岡大学

福岡にキャンパスを置く福岡大学。
理学部と工学部の初年度納付金は約164万6710円。
内訳は入学金が24万円、授業料が100万円、教育充実費が38万円、諸会費が2万6710円。4年間の学費は約580万円。

福岡大学の詳細ページ

福岡大学の偏差値と就職率ページ

中部大学

工学部の初年度納付金は約167万3300円、4年間の学費は約585万円。

中部大学の詳細ページ

中部大学の偏差値と就職率ページ

農学・生物系学部で学費が安い私立大学

主に理学部・工学部・理工学部の学費を見てきましたが、次に農学系学部と生物系学部の学費が安い私立大学を見ていきましょう。

東海大学

北海道、東京、神奈川、静岡、熊本にキャンパスがある東海大学。
基盤工・農・生物学部の初年度納付金は約149万3200円、4年間の学費は約532万円。
海洋生物科学学部の初年度納付金は約153万3200円、4年間の学費は約540万円。

東海大学の詳細ページ

東海大学の偏差値と就職率ページ

名城大学

愛知県名古屋にキャンパスがある名城大学。
農学部の初年度納付金は約148万5000円、4年間の学費は約534万円。

名城大学の詳細ページ

名城大学の偏差値と就職率ページ

高崎健康福祉大学

群馬にキャンパスがある高崎健康福祉大学。
農学部の初年度納付金は約160万9370円、4年間の学費は約557万円。

高崎健康福祉大学の詳細ページ

高崎健康福祉大学の偏差値と就職率ページ

東京農業大学

北海道、東京、神奈川にキャンパスを置く東京農業大学。
農学部の農学科、動物科学学科、生物資源開発学科の初年度納付金は約152万3400円、4年間の学費は約550万円。
応用生物科学学部と生命科学学部の初年度納付金は約159万3400円、4年間の学費は約574万円。

東京農業大学の詳細ページ

東京農業大学の偏差値と就職率ページ

北里大学

青森、神奈川、東京にキャンパスがある北里大学。新札の1000円札の肖像に採用された北里柴三郎が設立した大学です。
海洋生命学部の初年度納付金は約140万円、4年間の学費は約575万円。

北里大学の詳細ページ

北里大学の偏差値と就職率ページ

大学院への進学希望なら学費は安い方が良い

豊田工業大学の学費が圧倒的に安く、南山大学と武蔵野大学の学費も500万円以下と比較的安い学費である事が分かると思います。

日本女子大学、名城大学、創価大学、日本大学も平均以下の学費で安い部類となります。

平均的な学費となると少し増えますが、理系学部で学費が安い私立大学は意外と少なく、学費の差が大きいです。

しかしながら東京理科大学、東海大学、北里大学など知名度が高く有名な大学の学費が平均的なのは受験する方にとっては良い事でしょう。

理系学部という事で大学院への進学を希望する方も多いと思いますので、学費は安い方が良いですね。

学部は学費が安い大学、修士・博士課程は別の大学院など選択肢も広がりますので、やはり学費は安い方が良いでしょう。

上記に掲載されている理系学部の私立大学にも殆ど大学院が設置されていますので、そのまま修士・博士課程へ進学するのも良いですし、国公立大学の修士・博士課程へ進学して更に学費を抑えると言った感じです。

理系Fラン大で学費を抑えて編入し大学院へ

大学無償化制度を利用しても学費が高くなってしまう私立大学の理系大学。

なんで学費が平均以下の理系私立が少ないのか?と疑問に思う方もいると思いますが、前述の通り所謂Fラン大を除外しているからです。

しかしながら、上記の通り編入や大学院も含めて考えると理系Fラン大は意外と活用できます。

まず学費(主に入学金)の安い理系Fラン大へ入学し、3年次に編入する。そこから国公立の大学院へ進学すると学費を安く抑える事が出来ます。

理系Fラン大入学時に成績優秀者の特待生として学費免除となる事も含めて考えた場合は更に学費を抑える事が可能です。
ネットでは学歴ロンダリングと呼ばれていますが、むしろ賢い。

理系でFラン大と呼ばれてしまうパターンも文系Fラン大とは異なり、単純に理系の人気がなくBF(ボーダーフリー)となってしまう場合も多いのです。

理系といってもFランだろ?と思って入学すると講義に着いていけない事も多いでしょうから文系Fラン大や工業高校と同じに考えない方が良いでしょう。