看護師資格取得に必要な学費、専門学校と大学の私立・国公立、3年制と4年制で比較

学費は? 給料は? 看護師のコスパを徹底検証!
■国立が圧倒的にリーズナブル
 看護師になるには、お金がどれだけ必要でしょうか。週刊朝日ムック『看護師になる2016』で、看護師養成課程の平均学費を独自に算出、比べてみました。
http://news.livedoor.com/article/detail/11485017/

不況に強い職業で有り資格で有り、安定した仕事が有り給料も平均以上で、転職も余裕で出来る看護師。
昨今の看護師人気は凄いものが有り、金融危機に始まる雇用情勢を見て看護師資格を取得する大学生が非常に多くなっています。
大学側も入学者数を増やすため看護学部を新設したりしていますよね。
看護師資格を取得するには大学以外では専門学校が有ります。
何が違うの?と思われる方もいると思いますが、何も変わりません。いや、看護師資格取得までにかかる費用、要は卒業迄の学費に差があります。

看護専門学校と看護系大学の学費比較

3年制公立看護専門学校の平均学費は約127万円。
3年制私立看護専門学校の平均学費は約250万円。
3年制私立看護系短期大学の平均学費は約405万円
4年制国公立看護系大学の平均学費は約240万円。
4年制私立看護系大学の平均学費は約648万円。
4年制の看護専門学校も有りますが、看護師資格を取得後に、保健師・助産師の国家試験受験資格を取得する場合に通うので、ここでは省かれています。
学費の比較では、公立看護専門学校が最も安く、4年制私立看護系大学が最も高い結果となっています。
3年制と4年制では、就職先や初任給がちょっと異なり、病院によっては昇級や昇格に少し差をつける施設も有りますが、そこ迄気にする程では無いと思います。1年早い方が臨床経験が1年長い訳ですからね。
専門学校も大学も附属病院が有りますので、看護師養成課程を経て国家試験に合格し看護師資格を取得する事になります。
と言うことで、看護師となった場合の給料は幾ら位でしょうか?

看護師の平均給料を比較する

看護師平均年収は473万円(2014年度)。
民間平均年収は415万円ですから看護師の平均年収の方が高いですね。
女性全体の平均年収は272万円ですので、やはり看護師の年収は高いですね。
ちなみに同じ国家資格である、保育士の平均年収317万円、理美容師の平均年収263万円。
やはり看護師の年収は高いですが、保育士と介護士の給料を上げる事が検討されていますので、その差は少し縮まりそうですね。
まとめとしては、看護師資格を取得すれば学費分は余裕でペイ出来ると言う事です。