ビズリーチ・キャンパスでOB訪問、評判は企業に良く三井物産も導入

この時期、新入社員として新社会人となった新卒の方々と、来年度新卒予定の就職活動中の学生達がスーツを着て右往左往している姿を良く見ます。
現在は新入社員の彼ら彼女達も来年度は学生からOB・OG訪問として質問を受ける立場となりますよね。

ビズリーチ・キャンパスとは?

就職活動中で実際の社会人の話を聞くOB訪問ですが、ビズリーチ・キャンパスと言うネットでマッチングしてくれるサービスが出てきています。
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」
ビズリーチ・キャンパスは、キャリア教育プラットフォームと称して就職希望の学生、社会人のOB・OG、そして企業を繋ぐWebサービスとなっています。
上記の様に書くと分かり難いですが、学生と同じ出身大学の先輩をネット上マッチングしてくれるサービスです。

専用サイトがある大学は?

同じ大学と言う事は、そうです。自身が在籍する大学の専用サイトがビズリーチ・キャンパスにある事が前提となります。Fランク大学は無理です。
現在ビズリーチ・キャンパスに専用サイトがあるのは、
早稲田大学
慶應義塾大学
大阪大学
東京大学
京都大学
東京工業大学
一橋大学
名古屋大学
名古屋工業大学
九州大学
九州工業大学
東京理科大学
中央大学
青山学院大学
明治大学
法政大学
立命館大学
立教大学
同志社大学
神戸大学
上智大学
今後増える可能性は有りますが、上記の有名大学出身の方が利用できます。

ビズリーチ・キャンパスの使い方

ビズリーチ・キャンパスの使い方は簡単で、興味の有る企業や自分と似ている学部や専攻を検索すればOBやOGをピックアップされて、話を聞きたい先輩を選んで話が聞きたいボタンを押すだけです。
OBやOG側が承諾すればマッチング成功・・・何か恋愛アプリ見たいですね・・・
しかし、恋愛アプリと異なり、よっぽどの事が無い限り断られる事はないでしょう。

登録している学生数とOB・OG数

ビズリーチ・キャンパスは昨年オープンしたばかりの新しいサービスですが、2月現在で大学生の登録者数16000名、OB/OBの登録者数約13000名と評判も上々です。
大学生登録者の約3割が大学1年生、2年生となっており、就職に向けて動くのが早くなっていますね。

ビズリーチ・キャンパスの評判は?

専用サイトのある大学を見れば分かる通り、三井物産など大企業に勤めるOBやOGが多い訳で、どちらかと言えば企業に評判が良いです。
三井物産も新卒採用に関して力を入れており、もしかしたら超有名な人がOBとして来てくれる可能性は高い。
大学1年生や2年生で話を聞きたい社会人の先輩が居る人は少ないですから、ビズリーチ・キャンパスを利用する人はコミュニケーション不足の現代ですから多くなるかも知れませんね。
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」
注意して欲しいのは、偏らない事です。
企業規模、業界、職種など偏ってしまうのは仕方無い部分も有りますが、このサービスの良い所は様々なOB・OGと会って話を聞ける事ですからね。