戦争と平和と教育を同列に語るのは危険思想では・・・

あるサッカー選手が、戦争をなくし平和になるには教育改革が必要だ。教育者が脳科学によって子供を洗脳するのは非常に良いと言うニュアンスを投稿しているそうです。

この方に限らず、自分の思想や理想など考え・思いを延々投稿してしまうのは、確か何か症状名が付いていた様な気がします。
どうしても言わなければ気が済まない、どうしても自分を分かって欲しい、なぜだ!何故何ダァ!

・・・

気の済むまで投稿すれば良いと思いますが、戦争と平和、そして教育を同列に語るとは・・・相当な危険思想ではないでしょうか・・・
海外はー、と言う前に、まず日本の歴史を学んだ方が良いでしょう。
いや歴史を学ぶ以前に、最近でも教育勅語の文字を報道で見る場面をあったのではないでしょうか。
もしかしたら、そこに影響を受けたのかも知れませんね。

と言う事は、反対勢力との争いを無くそうと争う訳ですから、争いは無くならないのではないでしょうか。

スポーツ選手なら勝敗の重要性は理解していそうなのですが・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする