特定職業の就職に特化して生き残りを図る低偏差値のFラン大、金沢星稜大、日本文化大、千葉科学大、聖徳大、女子栄養大

偏差値35から一流企業へ “入りやすくて就職に強い”大学の秘密
大学の定員が志願者数を上回る「全入時代」に突入し、大学教育のあり方が根本から問われている。生き残り競争にさらされるなか、独自の取り組みで成果を上げる大学が注目されている。偏差値なんて関係ない、本当の意味での「いい大学」を紹介する。
http://news.livedoor.com/article/detail/12610231/

Fラン大への風当たりが強くなっている昨今、Fラン大へ進学する理由は有るのでしょうか?
ここ数年で一気に『Fラン大』と言う言葉が広まってしまい、企業側にもFラン大でしょ?と思われてしまっています。
無試験で入学できる専門学校以下・・・これでは大卒の肩書きも意味が有りません。
しかし、Fラン大側も死活問題ですし、これからの少子化時代を生き抜く為には単なるFラン大ではいられません。
冒頭記事では偏差値が低いが努力している大学が紹介されています。努力の方向性は学力ではなく就職率。特定業種や業界に特化した就職支援を行っている。

金沢星稜大学

偏差値50から45
就職先実績に日本銀行やJR東日本、東京海上日動火災保険など大企業が有り就職率も9割以上。

日本文化大学

偏差値39
警察官への就職に特化し、警察官志望者のためのAO入試も実施し2015年は90人が採用される。

千葉科学大学

偏差値40から35
危機管理学部では消防官試験向けの教育に特化し、消防車も設置している。

聖徳大学

偏差値45から41
保育士や幼稚園教員の育成に力を入れている。

女子栄養大学

偏差値BFから57.5
偏差値BFと完全にFラン大ですが管理栄養士資格試験で全国1位の240人の合格実績。
力を入れている方向性が就職となってしまうと、専門学校や今後創設される専門職業大学と競合しますし、そうした方が良いと思われます。
今の時代、研究がしたくて大学へ進学する人は少なく、就職の為に大学へ進学する人が多い訳ですから、在り来たりなお遊び講義よりもよっぽど良いと思います。