募集停止となりそうな危ない大学?2018年まで後2年

危ない大学20校リスト!大学評価「適合」校で募集停止相次ぐ
入学時の難易度が低く世間での認知度も低い、従って受験生からも敬遠されがちな、いわゆるマイナーな私立大学のホームページを閲覧すると、しばしば見かけるものがある。公益財団法人日本高等教育評価機構(JIHEE)のマークだ。その名が示す通り、大学の評価を行う専門機関であり、大学側としてはそのお墨付きを誇示したいのだろう。
http://news.livedoor.com/article/detail/11684862/

2018年には大学淘汰問題が言われていますが、ここ数年で結構な大学が新入生の募集を停止し始めており、大学淘汰時代も強ち嘘では無い様です。むしろ現実味を帯びている。
そんな中、財務状況が厳しく危ない大学と言う記事が有り、20校挙げられています。
足利工業大学、芦屋学園、金蘭会学園(千里金蘭)、郡山開成学園(郡山女子)、東亜大学、柏専学院(新潟産業)、明浄学院(大阪観光)、ありあけ国際学園(保健医療経営)、市邨学園(名古屋経済)、開智国際、享栄学園(鈴鹿)、都築教育学園(第一工業)、天満学園(太成学院)、東洋学園、奈良学園、船田教育会(作新学院)、平安女学院、ものつくり、稚内北星学園
上記大学は募集停止をしたプール学院大学と比較して財務状況が厳しいとなっています。
無名大学が多いですが、高校などが有名な学校法人がチラホラ有りますね。
入学した後に募集停止となって最悪と感じるかも知れませんが、最後の学生となるだけで急に無くなる訳では有りませんので、入学したのであればシッカリ講義を受けましょうね。